忍者ブログ

自己破産後借入を調査するブログです!
11 2017/12 1 23 4 5 6 7 8 910 11 12 13 14 15 1617 18 19 20 21 22 2324 25 26 27 28 29 3031 01

12.16.19:56

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 12/16/19:56

08.18.17:46

同棲は最高?


◎同棲のデメリット男女別【その1】―― 恋心とは真逆に進む性欲減退と現実化する夢への執着 【男性のデメリット】 ■「安定」はオス(雄)の牙をぬく 男性のデメリットはスバリ性欲減退です。同棲は「生活」です。 燃えるような恋心を一気に冷ますような「現実=生活」を 目の前に突きつけられてしまえば、相手への興味が失っても不思議ではありません。 特に男性ホルモンであるテストステロンが分泌される男性にとって 性欲は興奮度が命。テストステロンは性欲を高め、同時に他のホルモンと 連動して性の快感を上昇させるホルモンですので、 非日常の興奮を与えてくれる恋などによりドーパミンも大量に 分泌され興奮状態が続きますが、実は精神が安定している状態では テストステロンは多く分泌されないのです。 つまり精神安定はテストステロンを低下させるのと同時に性の快感までも 奪うワケです。相手の女性が興味が尽きることのない性的魅力に 溢れているモテる女性であれば「他の男性から奪われるかもしれない」と いった恐怖感や嫉妬を煽り、いつも心不安定な状態が続きますから、 興奮も長続きする場合がありますが、どんな魅力的な女性であろうと 長い時間一緒に生活をしていれば、一緒にいられることで心も 安定していきますし、生活習慣の違いやちょっとした感情の行き違いが 原因で相手に幻滅したり不信感が芽生えたりすることもあるでしょう。 同棲は女性を求める「興奮」を味わえると同時に「現実」や「安定」の 真っただ中に身を置きますから性欲が減退する矛盾した感情を 抱えることも少なくないのです。 ■飢えも渇きも早い男性は同棲向き? ですが、同棲の多くはセックスを求める欲望も含めた「衝動」に より開始されることが多いとだけに、関係の多くは短命に終わると予想されます。 また、同棲から結婚への道を望む多くは女性であることも 見過ごせない点でしょう。
PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら