忍者ブログ

自己破産後借入を調査するブログです!
09 2017/101 2 3 4 5 6 78 9 10 11 12 13 1415 16 17 18 19 20 2122 23 24 25 26 27 2829 30 31 11

10.20.15:43

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 10/20/15:43

09.12.17:29

丹田式!仏陀もしてた呼吸法


何処でも出来る呼吸法!!
ゆったりとした"深い呼吸"と、プラスのイメージが心と体を癒し、
「生命エネルギー」の働きを強化します。 プラス思考の持つ力!
「赤ちゃん」をよく見ると、息をするとき「おなか」が上下します。
これが「腹式呼吸」と呼ばれるもので、本来の呼吸法です。
赤ちゃんは「自然のリズム」に添って腹式呼吸をやって
いるのです。赤ちゃんの頃を思い出して、もう一度、ふか~く呼吸しましょう!!
健康回復に大きな効果がある この「ヒーリング呼吸法」は、
単に深く呼吸するだけではなく、丹田(たんでん)を意識しながら行なう
「丹田呼吸法」です。丹田は「おへそ」のすぐ下(膀胱の周辺)に位置し、
丹田は生命エネルギーをつかさどる場所(エネルギーの中心となる場所)です。
この腹式呼吸法は、生命エネルギーの回復・強化、慢性的な病気の治癒、
若返り効果、老化防止、また、自律神経失調症、ストレスの解消、
情緒不安定、さらには、アトピー性皮膚炎、リウマチの改善など、
さまざまな効果が見られます。
では一般的な丹田式呼吸法のスキルを紹介します。
体を締め付けないような、ゆったりした服装がいいでしょう。
ベルトやホックは緩めてください。
次は呼吸のときの姿勢です。まずは、イスに腰をかけます。
背筋をスッと伸ばし、肩やお腹の力を抜き、体全体をリラックスします。
イスは深く腰をかけず、少しだけ前方に腰をかけます。
両足が平らに床に着くようにして、膝は少し「開いて」ください。
両手は重ねて、下腹部の丹田に軽くあてます。(片手でもいいです)。
背骨を伸ばして前を見て、あごは少し引くような感じです。
そして目を軽く閉じます。
呼吸法にはいろんな方法がありますが、この呼吸法は、息を吸うときも、
吐くときも「鼻」で行うのが原則です。(鼻が難しい場合は、
口から吐いてもいいです)。
背筋を伸ばし、鼻から息をゆっくり吐きながら、体を30度~45度ぐらいまで
、前の方に傾けていきます(このとき、息を全部吐き出すと苦しくなるので、
一呼吸ぐらいを残しておきます)。30度~45度ぐらいの所にきたら、
そこで止めて、ヒップを一瞬締めます。
(ヒップの肛門の筋肉を締めると考えてください)。次に、ゆっくりと
背筋を元に戻しながら息を吸い、体を元の姿勢に戻していきます。
PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら